教育分野に関心を持つ社会研究家・三瓶伊万里が、こどもたち、そしてそれにまつわる様々な物事に
接する中で感じたことや考えたことを、次の社会や教育の在り方にも思いを馳せつつ述べていく。