HELLO GARDENの実験ガーデンレシピ

Recipe07 少しずつ準備すれば◎平日Xmasもどんとこい!!

2019.12.23

2019年のクリスマスは平日ど真ん中・・!

手の込んだ料理でパーティーは
難しそう・・でも華やかな食事はしたい!
そんな時には、数日前からちょこちょこと
準備を進められるちょっとしたご馳走が嬉しい!
実験ガーデンメンバーで考えたアイデアが
少しでもお役に立てたら嬉しいな◎と思い、
レシピを書き起こしました。
(ちょっと遅いよ感あるけど・・・お許しください><)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●スープカレー/4~5人前●
◼︎材料◼︎
=A.具材=
・かぼちゃ 1個
・じゃが芋 4個
・大根   1本
・なす 4本
・ゆで卵 2~3個
・鱈 3~4切
・小麦粉 少々

=B.カレーベース=
・玉ねぎ 中3個
・にんにく大1片
・生姜8g
・クミンシード 小2
・ガラムマサラ 小2
・サラダ油 大2
・カレー粉 小8
・トマトピューレ 120g

=C.スープベース=
・水 2400cc
・コンソメ大さじ2
・しょう油小さじ1
・ローリエ2枚

=D.仕上げ=
・はちみつ小さじ2
・塩小さじ1/4
・ブラックペッパー お好みで
・乾燥バジル お好みで(多めがオススメ)

◼︎手順◼︎
=A.具材=
①のトッピング用野菜はお好みの大きさに切り、
170℃の油でサッと素揚げにし、油を切っておく。
※野菜のカットは写真参照
※じゃがいも・かぼちゃは予めレンジで加熱すると早いです◎
②鱈は一口大に切り、塩胡椒と小麦粉をまぶし、こんがり焼いておく。

=B.カレー=
①玉ねぎは細めのくし切りにしておく。
②みじん切りにした、にんにく・生姜にクミンシードを加え、
油を敷いたフライパンで香りが立つまで炒める。
③そこに①の玉ねぎを加え、飴色になるまで弱火でじっくり炒める。
※焦げそうになったら少量の水を加えると◎
④あめ色になったら、カレー粉・ガラムマサラを加え、
香りが出るまで1~2分炒めて全体と混ぜあわせる。
⑤④のフライパンの端にスペースを開け、
分量のトマトピューレをさっと炒めたら全体と混ぜ合わせる

=C.スープ=
①BにCの材料と、Aの鱈を全て加えて一煮立ちさせる。

=D.仕上げ=
①はちみつを加える
②塩・胡椒で味を整えたあと、最後に乾燥バジルを加え火を止める。

◼︎らくらくPOINT◼︎
一見手が掛かりそうなスープカレー。
Bの手順を時間がある時に事前に済ませ、
冷凍保存をしておくだけで、当日の準備は思っていたより手軽◎
平日クリスマスだけど、少し手の込んだものを食べたい時に!

◼︎感想◼︎
メインが鶏肉なので、魚のカレーにチャレンジしてみた。
思った以上に淡白な白身とカレーの相性は抜群!!
最後に加えた乾燥バジルが一気に風味を引き立ててくれてまるで札幌な気分!笑
お子様も食べるときは鍋を分け、はちみつを多めに入れたり
すりおろしたりんごなどを加えても◎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●チキンソテールッコラジェノベーゼ添え/4~5人前●
◼︎材料◼︎
=チキンソテー=
・鶏ムネ肉 約300g
・酒 大さじ3
・塩胡椒 少々
・オリーブオイル適量

=ルッコラジェノベソース=
・ルッコラ 3束ほど
・にんにく 2片
・くるみ    30~40g
・パルメザンチーズ 30~40g(お好みで増やしても◎)
・オリーブオイル    150cc
・レモン果汁 大1
・塩・黒胡椒  少々

◼︎手順◼︎
=チキンソテー=
①胸肉は観音開きにし、何箇所かフォークで刺し穴を開ける
②密封できる袋やタッパーに肉を入れ、酒・塩胡椒を入れたらよく揉み込みしばらく置いておく。(1時間程度でも良いが、1晩置くとかなりしっとり!)
③油を敷き、中火で熱したフライパンで焼く。先に皮目をきつね色になるまで焼き、裏返して蓋をし、さらに5分ほど焼く。
④焼けたら食べやすいサイズにカットしておく。

=ルッコラジェノベーゼ=
①くるみをフライパンで軽く煎り、冷ましておく。
②材料全てフードプロセッサーに入れて、ピューレ状にする。

※冷蔵であれば1週間、冷凍庫なら2週間ぐらい保存可能。
使いかけのものは、オリーブオイルを注いで表面に膜を作ると
空気を遮断できるので黒ずみや酸化を防ぐことができる。

◼︎らくらくPOINT◼︎
時間があるときに、胸肉の下処理をしておけば当日は焼くだけ!
(冷凍も可。食べる日の朝に冷蔵庫にうつして解凍しておけばOK)
ルッコラジェノベーゼソースも、予めつくっておけて保存がきくので
当日は意外とやることがない!のに、見栄えのする一品に◎

◼︎感想◼︎
大量にたくましく育ったルッコラ(驚くほど育てやすいのでおすすめ!!!)の消費方法で思いついたレシピ。バジルを入れないぶん、ほろ苦さが残るが、こんがり焼いたお肉やお魚などとは相性抜群!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=ラディッシュはちみつ漬け=
◼︎材料◼︎
・ラディッシュ  6個
・塩小さじ   1/4
・酢大さじ   2
・ハチミツ   小さじ2
・水               大さじ2

◼︎手順◼︎
①ラディッシュは葉を切り落とし、縦半分に切る。大きい場合は4等分に切る。
②小さい場合は底に十字に切り込みを入れる。
③鍋に調味料の材料を入れ、強火で軽く沸騰させ、すぐに火を止める。
④ビニール袋等にラディッシュと完全に冷めた①を入れ、
20~30分ほど漬けて器に盛る。

◼︎らくらくPOINT◼︎
味を染み込ませるには前日から仕込みたいところだが、
色が抜けてしまうので当日に仕込むのがおすすめ。
20~30分でもかなり味が入るので、調理のはじめにつくればOK◎

◼︎乾燥◼︎
思った以上に早く味が入ってくれたのは嬉しかった!
ルッコラソースとラディッシュを添えるだけで、
クリスマスカラーに早変わり◎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたでしょうか?
1品でも、やってみたい!というレシピがあったら
是非チャレンジしてみてくださいね^^
感想もお待ちしてます〜!!

管理者 | 記事一覧

1989年、群馬県生まれ。大学で建築を学ぶ中で人の暮らしに興味を持ち、(株)北山創造研究所でまちづくりなどに携わる。2014年同社を退社後、大学時代から暮らす西千葉で、自らの生活を実験台として新たな生活の在り方を模索している。衣食住、政治、経済、教育など、日々の暮らしの中で生まれる「なんでだろう?」や「こうなったらいいのに」を出発点に、自分たちの手で暮らしを変えていく実験に人々を巻き込み中。都市の中で自然に楽しく生きること、もっと楽しい社会を次の世代に引き継いでいくことを目指す。 facebook: https://www.facebook.com/MeiNishiyama  instagram: https://www.instagram.com/xxx_mei_xxx/  web: http://harapecolab.jp/

  • facebook
  • twitter
  • google+

関連記事

  • Recipe06 お刺身に添える以外にも◎シソの実大活躍

  • Recipe08 穴あき大根を収穫して食べてみた話