HELLO GARDENの実験ガーデンレシピ

Recipe03 夏の終わりの収穫ランチ

2018.09.13

近所のおじいちゃんが種から育てて、ちいさな苗の状態で譲ってくれたモロヘイヤ。いつのまにか、立派に大人よりも背丈が高くなって、この夏はとーってもたくさん収穫できました。

1

この、実験ガーデンの記事でもメンバーがいろいろな食べ方に挑戦していた様子をお伝えしていましたが、意外と食べ方の幅も広く、育てるのも簡単で、スボラ菜園にもってこい!!ということがわかりました(笑)

2

たくさん植えてあるのに、全ての苗に急に実がつかなくなって、落ち込んでいたオクラも、みんなで調べた結果、過保護(栄養過多!)にし過ぎていたことが発覚!!そこからは、あまり気にかけ過ぎず、おおきくなった葉っぱはどんどん切り落としてほったらかしてみたら・・・

3

また実をつけ始めてくれて、追加の収穫ができました!!

こうやって、知らないことを調べながらのマイペースな家庭菜園だけど、それに野菜が応えてくれた時の嬉しさといったらありません。

みんなで悩んで調べてやってみて、結果が出た時は一緒に喜んで。幸せな時間です。

今回は、このモロヘイヤとオクラのネバネバコンビがたくさん獲れたので、モロヘイヤカレーをつくって見ることにしました!材料のうち、他にもジャガイモと唐辛子は、HELLO GARDEN産を使うことができたので、自給率も少しづつ上がって来てるかな!?

さて、気になるレシピはこちら。

●モロヘイヤカレー(4〜5人前)
【材料】
・モロヘイヤ 150g
・鶏ひき肉(豚でも可) 300g
・玉ねぎ 1個
・しょうが 1片
・じゃがいも 大1個
・オクラ 2〜3本
・ごま油 大さじ3
・鷹の爪 2本
・塩 適宜

4
※写り込んでいるトマトはサラダ用

A・カレー粉 大さじ2
・味噌 大さじ2と1/2
・酒、みりん 各大さじ2
・ナンプラー(お好みで)大さじ1
※ナンプラーの癖はあまり残らず、
良い出汁として隠し味になります。

香りづけのスパイス
・黒胡椒 少々
・白胡椒 少々
・こぶみかんの葉 2枚
※コリアンダーシードやクミンなど、
お好みのスパイスで風味づけを変えられます。
今回は、参考レシピに記載されていた
コリアンダーパウダーが手元になかったため、
ガーデンにあるものと、調味料でアレンジ◎

作り方
1、モロヘイヤは茎から、葉とやわらかそうな部分の茎を切り離す。
湯を沸かした鍋で、茎を1分ほどゆで、残り20秒ほどになったところで葉も入れてゆで、冷水にとる。ザルにあげてよく絞り、包丁で粗く刻む。

5

2、玉ねぎ、じゃがいもは粗みじん切り、しょうがはみじん切り、オクラ、鷹の爪は小口切りする。

6

3、フライパンにごま油をひき、しょうがと鷹の爪を入れて弱火で熱し、香りがたってきたらひき肉を入れて中火で炒める。
肉が全体に色づいたら、玉ねぎとじゃがいもを加えて1分ほど炒め、油が回って全体が透き通ってきたら
Aの調味料を合わせたものを加えてさらに1分ほど炒める。
※次の工程でネバネバ類を投入すると、一気に調味料を絡めにくくなるので、ここでしっかり混ぜておくと良い◎

7

4、全体にまんべんなくAが混ざったら、モロヘイヤとオクラを加え弱火にし、
お好みのスパイスを加える(今回は、白胡椒・黒胡椒・こぶみかんの葉)
全体を絡ませながら2〜3分ほど炒め煮する。
味見して、塩気が足りなければ、塩を少々ふる。

8

5、器にごはんを盛り、その上にカレーをのせたら完成。

9

▼実験メンバーのひとこと▼
・お好みで半熟の目玉焼きを乗せて、ガパオ風に食べても美味しい!
・普段、モロヘイヤを食べてくれない子供も、唐辛子を抜いたらパクパク食べました!!
・正直、4〜5人前のレシピだと多いかな?と思ったけど、
オムレツにしたり、サラダにかけたりアレンジできそうなので、
たくさん作っておくと便利かも!!

とのこと^^!

この日は、これから迎える秋に向けて、ハーブの種まきもたくさんしたので追って報告レポートをお届けしたいと思います!

それでは、また!!

レシピ作成者:野村 亮、松内 咲子、福永 佳代

非表示 | 記事一覧

  • facebook
  • twitter
  • google+

関連記事

  • Recipe02 ターサイのアジア風マリネ

  • Recipe04 里芋のワイン煮