HELLO GARDENの実験ガーデンレシピ

Recipe01 ビーツと鶏肉のショートパスタ&ハーブのフレンチフライ

2018.07.10

4月頃種まきしたビーツたち。料理にして、数人で食べられそうな量が収穫できたよ!!
ビーツは、種をまいた後、少し育ったら間引きして、残った株たちに、気が付いた時に土寄せをして、水やりだけ忘れないように過ごして居たら、きちんと形になっていました!

4月にケの日ラボでリボベジ研究をして居た時に、芽が出ちゃったじゃがいもを畑に植えて見たら、こんなに大量のじゃがいもが採れました!

今回は、実験ガーデンのメンバーと、このビーツとジャガイモを美味しく食べる方法を考えて、ランチタイムに^^

●ビーツと鶏肉のショートパスタ
【材料】(3〜4人前)
・玉ねぎ・・・・・・1/2個
・セロリ・・・・・・1/2個
・にんにく・・・・・1個
・鶏もも肉・・・・・1枚
・塩胡椒・・・・・・適量
・ビーツ ・・・・・・2個
・キャベツ・・・・・1/6個

・鶏ガラスープ ・・・
・トマト缶・・・・・1/2缶
・ローリエ・・・・・1枚
・タイム・・・・・・3本
・フェンネル・・・・

・ショートパスタ・・200g
・オリーブオイル ・・適量

1、玉ねぎ、セロリは5mm幅にスライス、にんにくは一欠片皮をむいてそのまま。ビーツは皮をむいて乱切り、キャベツは1cm幅にカットし、鶏肉は一口大にカットし、塩胡椒で下味をつけておく。

2、鍋にオリーブオイル(分量外)をひき、玉ねぎ、セロリ、ニンニクを加え中火で焦がさないようソテーする。

3、鶏肉を入れて表面の色が変わるまでソテーしたら、ビーツと、キャベツも加えさらに炒める。

4、全体に油がまわったら、鶏ガラスープとトマト缶を加え、ローリエ、フェンネル、タイムと一緒に30分程煮込む。塩胡椒で味を調える。

5、その間に、別鍋にお湯沸かし少量の塩を入れ、規定の時間より少し短めにショートパスタを茹でる。

6、茹で上がったら、煮込みの中に入れ2〜3分煮る。
味が馴染んだら、最後に香りづけでオリーブオイルを和えて完成!!

▼実験メンバーのひとこと▼
鶏肉ではなく牛肉でも合いそう!
仕上げにサワークリームや水切りヨーグルトを乗せると、より美味しくなりそうな味!

●自家製ハーブたっぷりのフレンチフライ

【材料】
・じゃがいも・・・ 大4個
・強力粉・・・・・
・にんにく・・・・ 3片
・ローズマリー ・・6本
・ローリエ・・・・2枚
・オレガノ・・・・5本
・セージ・・・・・2本
・タイム・・・・・5本

・サラダ油・・・・適量
・オリーブ油・・・適量

・塩/胡椒・・・・お好みで

1、じゃがいもは、1cm弱くらいのスティック状にカットして水にさらす。

2、水気を切って強力粉をまぶしてたら、鍋の中へ。

3、じゃがいもの七分目くらいまで油を注いでハーブとにんにくも乗せる。

4、グツグツ言うまで強火。言ってきたら中火に落とす。
  火が通って外側が硬くなるまではあまりかき混ぜたりしないでゆっくり鍋をゆするような感じで。

5、10〜15分で揚げ色が着いてきたら1本取り出して食べてみる。
中まで火が通った事を確認したら少し火を強めて好みの揚げ色に。

6、じゃがいもをハーブごとザルにあげ油を切って塩胡椒で味をつけて完成!

今回のハーブはこの種類でこの割合。
ハーブは基本お好みで。ローズマリーとオレガノはあった方が良い!

今回は揚げ油はあるものでやったので
サラダ油:オリーブ油=8:2くらいの割合で入れました。
オリーブ油だけでもOK!その他の油でもOK!

▼実験メンバーのひとこと・・・▼
1番美味しいのは出来たてを立ったままつまみ食いすること!!
他の料理が出来上がるのを待っちゃダメ(笑)

これからもいろんな野菜を収穫しながらおいしい食べ方を研究していこうと思いますので、
こちらのシリーズも更新をお楽しみに!

レシピ作成者:野村 亮

非表示 | 記事一覧

  • facebook
  • twitter
  • google+

関連記事

  • Recipe02 ターサイのアジア風マリネ