千葉に行くつもりじゃなかった
chibalibrary_kurosawa00

Vol.5 千葉市中央図書館の「おはなし会」に行ってきました。

2017.07.15

こんにちは、くろさわゆうこです。

7月に入り、子どもたちにとっては待ちに待った夏休みももうすぐそこ!
海や山、旅行など、屋外のレジャーやイベントなど目白押しですが、たまには暑い日差しを避けて、室内でゆっくりゆったりと本と向き合うというのも、時間がたっぷりある夏休みの過ごし方の1つとしていかがでしょうか?

千葉市中央図書館では以前より幼児・児童に向けた「おはなし会」を催してますが、夏の間だけ時間が一部変更したとのことで、またまた4歳の娘とともに参加してきました。今回の【千葉へ行くつもりじゃなかった】では、その「おはなし会」の様子や魅力あふれる千葉市中央図書館の児童書コーナーなどをお伝えしますね。

■JR千葉駅近く、市内における”資料による情報提供の中心的広場”

「おはなし会」が開催された「千葉市中央図書館」は、千葉市生涯学習センターと合同の建物として2001年に開館しました。
市内には分館や公民館内の図書室などさまざまありますが、その名の通り「中心的」役割を担い、資料の収集や保存、情報提供の場として誰もが使いやすい公共施設であるよう、いろいろなサービスを行っています。

chibalibrary_kurosawa01
chibalibrary_kurosawa02

JR千葉駅から徒歩8分ほど、または都市モノレール千葉公園駅から徒歩5分ほどで着くという好立地。
建物はモダンでガラス張りのため、館内は明るくとっても開放的で居心地よく、読書や調べもの、自主学習をすることができます。
個人的にも大好きな図書館の一つですが、日本図書館協会建築賞も受賞した建物のようです。

chibalibrary_kurosawa03

館内入ってすぐのエントランスホールもとっても開放的。温かみのある木の階段や床、ところどころに配された大きめのグリーンの中に、図書館らしい本のオブジェがアクセントになっています。出入り口近くで人通りがあるとはいえ広々としており、読書はもちろんホッと一息つくのに格好の場所ですよ。

chibalibrary_kurosawa04

館内1階の入り口近くには、7月ということで「海の日」にちなんだ書籍が並ぶ展示コーナーがありました。季節や行事、時事ネタなど、その時々の「旬」な出来事に関連した本を紹介しています。

広い館内、1階には新聞や雑誌、文芸書や旅行ガイド本、さらにはCDやDVDなどの視聴スペースがありますが(レファレンス、自然・社会・人文科学系の図書は2階に開架)、その1階のおよそ半分を占めているのが児童書コーナーであり、「おはなし会」もその一角にあるおへやにて行われました。

■3歳〜小学生まで、「おはなし会」のはじまり、はじまり!

これまでも千葉市中央図書館では毎週土曜日に「おはなし会」を開催してきましたが、7月1日(土)〜8月26日(土)までは午前中の涼しい時間に行うということで、夏の間だけ一部時間が変わりました(曜日は変わらず、毎週土曜日です)。
ということで、夏時間に変更になった第1回目の7月1日(土)11:00の「おはなし会」に、4歳の娘と初めて参加してみました。

chibalibrary_kurosawa05

通常のおはなし会は「3・4歳以上の会」と「5・6歳以上の会」、さらに「小学生以上の会」の3回ありますが、夏のおはなし会は「3・4歳以上の会」と「5歳〜小学生の会」の2回。
「3・4歳以上の会」の時間は11:00〜11:30と今までと変わりませんが、「5歳〜小学生の会」はこれまでの午後から11:30〜12:00の午前中へと変更になりました。午前中の涼しい時間になり、来館もしやすくなりますね。ちなみに事前予約は不要です。

chibalibrary_kurosawa06
chibalibrary_kurosawa07

開催場所は1階児童書コーナーの奥にある「おはなしのへや」。ここでは靴を脱いで室内に入ります。

chibalibrary_kurosawa08

「おはなしのへや」の前はちょっとしたエントランスになっていて、待合室のように開始時間までここで待っている親子連れの方が多数いらっしゃいました。大きな窓は開放的で窓際はベンチのようになっており、床も絨毯のように敷物が引かれているのでとってもリラックスできます。普段でも利用できるスペースなので、赤ちゃんや子どもと一緒に本を読むには最高の場所ですね。

それでは、「おはなし会」もそろそろはじまり。早速「おはなしのへや」へ入りましょう。

chibalibrary_kurosawa09

「おはなしのへや」の室内は円筒形で階段状のつくり。小さいお子さんでも見やすいですね。

chibalibrary_kurosawa10

11:00になり「3・4歳以上の会」のはじまり、はじまり。まずは、場を和ませ、子どもたちも楽しくリラックスしておはなしを聞けるよう、手遊び歌を一番最初にやりました。保護者の方も一緒に参加できるので、親子で楽しそうにやっている姿が見られました。

chibalibrary_kurosawa11
chibalibrary_kurosawa12

手遊び歌が終わったら、図書館職員さんによる絵本の読み聞かせがはじまります。子どもたちはみな集中して1ページ1ページ、丁寧に聞いていました。ちなみに1冊目の絵本は『のってのって』(くろいけん 作・絵/あかね書房)を読んでいただきました。

chibalibrary_kurosawa13
chibalibrary_kurosawa14

続いて2冊目、3冊目と読むところですが、合間合間に手遊び歌を挟んで子どもたちの気持ちを上手に切り替え、次の本へと集中力が途切れないよう楽しく盛り上げてくれます。手遊び歌『なかなかほい』をみんなで楽しく何度もやりました。

絵本の読み聞かせと手遊び歌を織り交ぜた「おはなし会」、気づくと終わり間近であっという間の30分でした。
最後は、読み聞かせをしてくれた図書館職員さんが1人1人にお別れの挨拶。一列に並んで順番を待つ子ども達でしたが、とっても楽しそうに「さようなら」をしていました。

chibalibrary_kurosawa15
chibalibrary_kurosawa16

わらべうたの『さよなら あんころもち また きなこ!』を来てくれた1人1人にやってくださる図書館職員さん。最後に笑顔で帰っていく子ども達が印象的でした。

chibalibrary_kurosawa17

ちなみに当日読み聞かせをした本はこの3冊。先ほどの1冊目に続き、『はけたよ はけたよ』(神沢利子作・西巻茅子絵/偕成社)、『よくきたね』(松野正子作・鎌田暢子絵/福音館書店)を読んでいただきました。

絵本だけでなく手遊びやわらべうたもあり、あっという間の30分。でも、子どもたちの気持ちを飽きさせることなくおはなしの世界へと引き込んでいたので、親子で絵本や文字、言葉に触れるちょっとした良い時間だなぁと思いました。日頃より活発な娘ですが、絵本や図書館が好きなのもあってかじっと座って(笑)おはなしを聞き、手遊びもとっても楽しそうにしていました〜。

■紙芝居ブースや子育て情報も紹介!充実の児童書コーナー

「おはなしのへや」をはじめ、それ以外にも千葉市中央図書館の児童書コーナーには魅力がいっぱい!「おはなし会」で来館したときはもちろん、普段から親子で一緒に楽しく本に触れたくなる場所ですよ。

chibalibrary_kurosawa18

「どれから読もうか?どれから借りようか?」とワクワクしてしまうほど、さまざまな絵本がずらりと並んでます。娘も早速、自分の気になるものを選んでました。

chibalibrary_kurosawa00

先ほどの「おはなし会」で読んでいた絵本も開架し、借りることができます。この後、娘は「おはなし会」でも読んだ『はけたよ はけたよ』を借りてきました。

chibalibrary_kurosawa19

絵本以外にも、児童書研究についての資料も豊富です。また、外国語の絵本も言語ごとにあるので、ストーリーを知っている絵本から手に取ってみるのも良いかも⁉︎ 絵本を通して海外の国や異文化を知る良いきっかけになりますね。

chibalibrary_kurosawa20

そして、この図書館の児童書コーナーの魅力の一つが、この紙芝居ブース!児童書が充実している図書館で、親子でゆったりと読むスペースはあったとしても、紙芝居を読む(または読み聞かせる)場所までこのようにあるのは、なかなか珍しいのではと思います。
読みたい紙芝居を選んできて、お母さんが読み聞かせていたり、子どもがうれしそうに読んでいたりと、このブースを使っている親子連れを当日も見かけました。とっても素敵で、わたしも大好きな場所の一つです。

chibalibrary_kurosawa21

紙芝居ブース同様、机や椅子も子どもの体型に合わせた大きさで、赤・青・黄とカラフルな色使いが児童書コーナーらしくて素敵。

chibalibrary_kurosawa22

児童書ということもあり「子育て応援コーナー」も充実。地域の子育てに関する情報や雑誌など、ネットとはまた違う形で情報が得られます。同世代の子を持つママさんやパパさんが知り合うきっかけにもなり、コミュニケーションの場としての役割もありますね。

また、児童書やYA(ヤングアダルト)コーナーの隣にある障害者サービスカウンターを図書館職員さんに案内していただいたので、少しだけお伝えしますね。

chibalibrary_kurosawa23
chibalibrary_kurosawa24

布絵本(写真上)や保存期間を過ぎて不用となった点字雑誌(写真下)が置いてありました。不用になったとはいえ、わたし自身点字雑誌を見るのは初めてで、また写真にあるように紙バッグや小物入れ、あるいはブックカバーにするなどその有効的な利用方法に感心しっぱなしでした。点字を身近に感じる、良いきっかけでは?とも思いました。

chibalibrary_kurosawa25

視覚や聴覚などからだに不自由のある方へのサービスを行う「障害者サービスカウンター」は同じく1階にあります。
点字に触れたり、絵本の一文だけ点字を作って「みんなで一冊の点字絵本をつくる」という体験も、申し出さえすればできるようです。
また、小・中学生に向けた「夏休み点字体験」も同じく千葉市中央図書館で開催するので、気になった方はぜひお問い合わせしてみてください。

千葉市中央図書館の「おはなし会」、いかがでしたか?
夏休みに外で思いきり遊ぶのはもちろんですが、ときには夏の日差しを避けて、のんびりゆったり親子で一緒に絵本に触れるのもこの夏の良い思い出になるはず!

■千葉市中央図書館「おはなし会」
※夏期(2017年7月1日〜8月26日)のみ、以下の日時で開催しています。
※通常の「おはなし会」の日時については、ホームページ等でご確認ください。
期間:2017年7月1日(土)〜8月26日(土)までの毎週土曜日
時間:3・4歳以上  11:00〜11:30
   5歳〜小学生 11:30〜12:00
場所:中央図書館1階 おはなしのへや(事前の申込みは必要なし、開始10分前から受付)

■千葉市中央図書館
web:http://www.library.city.chiba.jp/index.html
住所:千葉県千葉市中央区弁天3-7-7
TEL:043-287-3980
開館日:火~日曜日、祝・休日
開館時間:火~金曜日 9:30~21:00/土曜・日曜、祝・休日 9:30~17:30
休館日:月曜日(ただし祝日・振替休日の場合翌日)
    図書整理日(第3木曜日。ただし祝日の場合は翌日)
    年末年始・特別整理期間

■参照元
・千葉市図書館:http://www.library.city.chiba.jp/index.html

くろさわ ゆうこ
くろさわ ゆうこ | 記事一覧

1976年、新潟県生まれ。大学卒業後、人文系出版社勤務を経て、現在は千葉県にて一人娘を子育てする日々。暮らしのなかのFUN!を”見つける、考える、やってみる”ユニット「nom de cocoa」としても活動中で、近年ではフィンランド発のソーシャルフードイベント「Restaurant Day」に共感し、ピクニックイベントを千葉でも定期的に開催。女子クリエイターのためのライフスタイルつくりマガジン「haconiwa」でも箱庭キュレーターとして活動中。モットーは「毎日が文化祭」。https://www.facebook.com/yuko.sekisawa

  • facebook
  • twitter
  • google+

関連記事

  • Vol.4 登攀道場のキッズボルダリング体験イベントに行ってきました。

  • Vol.6「ぼくのわたしのまちづくり」ワークショップ@tomio marchéに行ってきました。